So-net無料ブログ作成

HeicardⅡ届きました [iPhone SIMフリー化]

HeicardⅡが届きました。

早速、装備してバッテリーの持ちを確認中です。

結果出たら、設定方法と合わせて報告します。

それでは(´・ω・`)ノシ






中古iPhone4Sで格安スマホ生活 [iPhone SIMフリー化]

中古iPhone4Sで格安スマホ生活

iPhone5Sなどの新し端末が発表されようとする中、
周回遅れでは有りますがiPhone4Sで月額1000円以下で運用する、
方法をご紹介します。

その前になぜ、iPhone5ではなくてiPhone4Sなのか?
というと、
・DTIがnanoSIMを提供していない
・iPhone5がFOMAプラスエリアに対応していない
・端末が安い
などの理由があります。
FOMAプラスエリアが必要ない人にとっては、iPhone5とかでもいいかもしれません。

私自身、iPhone5をauで契約していて、月額結構な費用を支払っているので、
どうにか安く利用する方法はないかと考えて行き着いた方法です。


実際に、運用するとどの程度の金額がかかるか計算してみました。


初期費用として必要なのは、
中古iPhone4S 相場30000~50000円
DTI ServerMan SIM LTE 100 初期費用 3500円(要クレジットカード)
SIMロック解除基板 約1000~5000円

上記に加え、月額の通信料800円以下です。
(月額通信480円+SMSオプション150円)

2年間で計算すると、最低60,000円以下で、iPhone4Sが運用できます。
auやSoftBankと契約すると、2年間で最低でも160,000円以上するので、
100,000円以上の節約になります。
2~3日ていどの、国内旅行に行けそうな金額です。






iPhone 4S 16GB au ホワイト

iPhone 4S 16GB au ホワイト

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス




ここまでみていただいて、安く運用できるメリットがあることが、
おわかりいただけたと思います。
ただ、安く運用できるのには理由があって、当然デメリットも有ります。

・通信速度が遅い!!(最大100kbps)
・電話が利用できない
・クレジットカードが必須
・携帯会社に比べて、サポートが弱い

程度でしょうか?

このメリットを受け入れる、もしくは自身で何とか出来る人には魅力的なプランだと思います。
いくつか、回避方法も書いておきます。

・通信速度が遅い!!
実際に、通信速度が遅いことに関しては、通信チケットを購入することで、高速化が可能です。
料金は以下のようになっています。
100MB 263円
500MB 1,315円
1GB 2,630円

毎月1GBの通信で収まる人なら3000円程度で、ストレスなく通信できます。
チケット購入後は、利用するかしないかをアプリで切り替えることができて、無駄がありません。
ServersMan SIM Unlimited

ちなみに、チケット利用時の通信速度はこんな感じです。
2013-08-21T11-34-12_0_R.jpg

・電話が利用できない
これについては、DTIが月額315円で050のIP電話サービスを行っています。
その他には、月額0円からのSMARTalkというサービスもあります。


・クレジットカードが必須
・携帯会社に比べて、サポートが弱い
この2点に関しては回避のしようがないですが、
比較してみるとメリットは大きいのではないかと思います。

検討してみる価値はあるかと思います。

設定方法については、
ServerMan SIM LTE 100 と iPhone SIMフリー化計画(GPP利用のアクティベート方法も)
の記事で紹介しています。

SIMフリー端末の場合は、いくつかの煩わしい操作が不要ですので、
端末代金が高くなりますが、海外でも利用できるため、検討の余地はあるかと思います。

それでは

ServerMan SIM LTE 100 と iPhone SIMフリー化計画(GPP利用のアクティベート方法も) [iPhone SIMフリー化]

ServerMan SIM LTE 100 と iPhone SIMフリー化計画(GPP利用のアクティベート方法も)


ServerMan SIM 3G 100 が
ServerMan SIM LTE 100 に生まれ変わりました!!
念願?のLTE対応です!
が、ここで紹介しているiPhone4Sには関係ない話ですが。

ということで、早速送られてきたSIMを
iPhone4S(au)+GPPに装着していきます!

設定する端末の情報







iPhone 4S 16GB au ホワイト

iPhone 4S 16GB au ホワイト

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス





念のため使用前の儀式を行います。

GPP利用のアクティベート方法

1.入っていたSIMを抜きます。(ホーム画面で作業を行います。)
 「SIMカードが挿入されていません」と表示されるので、OKをタップします。
2013-08-21T10-08-52_2_R.jpg

2.GPPのアクティベートカードを入れます。
 キャリア選択画面が出るので、キャリアを選択します。
 私の場合は、「JP AU」を選択しました。
2013-08-21T10-08-52_3_R.jpg

3.リスタートのメッセージが出るので、「了解」をタップします。
2013-08-21T10-08-52_4_R.jpg

4.ホーム画面に戻ったら、端末を再起動します。

5.電源OFF中に、GPPのアクティベートカードを抜いて、新しいSIMに入れ替えます。
 入れ替えが終わったら、電源を入れ端末を起動させます。

8.起動してしばらくすると、画面にNTT DOCOMOの文字が出てきます。
 (JP DOCOMOの場合もあります。)

9.新しいAPNを設定します。
 ServerMan SIM 3G 100を利用していた人も、
 APNが変更になっているため、設定が必要です。

 au iPhone の場合、
 設定>一般>モバイルデータ通信>モバイルデータ通信ネットワーク
 から、設定できます。

 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」に、新しいAPNを設定します。
 その他は、MMSなどはそのままでいいようです。
 今回のAPNは、素直なネーミングで前のより覚えやすいです。

2013-08-21T10-08-52_9_R.jpg
2013-08-21T10-08-52_10_R.jpg

 APN dream.jp
 user user@dream.jp
 password dti

****************************************
SoftBank版は未検証ですが、
9の手順をこの方法に変えることで、通信が可能になるかもしれません。

 ・http://www.gevey.com/apn/にアクセス

 ・APNの入力

2013-08-21T10-08-52_5_R.jpg

 ・プロファイルのインストール

2013-08-21T10-08-52_6_R.jpg

****************************************


10.設定終了後、WEBアクセスができれば成功です!!
 WiFiに接続せずに、作業をすると更新などのバックグラウンドで実行されている通信のせいで、
 (低速通信ですので^^;)WEBアクセスが失敗することが有ります。
 どうしてもつながらない場合は、一度、
 WiFiをONにしてバックグラウンドの通信を終了させてください。
 それでもつながらなければ、同じ手順を繰り返してみるのもいいかもしれません。

これで、晴れてdocomo回線でiPhone4S(au)が利用できるようになりました。
(GPPを装着しているせいか電池の減りは早いです。)
iPhone4SとiPad miniテザリングができることも確認できました。

私の、ServerMan SIM LTE 100にはSMSオプションをつけているので、
アンテナピクトもバッチリ立っています。


このページの内容の実行は、自己責任でお願いします。
何があっても責任は取れませんのでご了承ください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。